ワンランクアップ

デートを成功させる女性へのエスコート

女性へのエスコートは待ち合わせ時点ですでに始まっており、目的地の到着から解散まで全てことに気を配る必要があります。

一般的に知られている「歩行時は男性が車道側に歩く」というのもエスコートの1つとなっており、これは自動車との接触を避ける他に、水や泥が跳ねたときに女性に被害が及ばないようにしています。

今回はこういった女性へのエスコートについて紹介していきます。

すぐに実践できるエスコート

女性をエスコートするのはデートを成功させるためには非常に重要となっており、男性が取るべき最低限のマナーです。

まずは冒頭でも紹介したように「男性が車道側に歩く」という他に「歩幅を合わせて歩く」などもあります。

また、建物内を移動するときはエスカレーターやエレベーターなどを使用しますが、エスカレーターは女性を先に乗せる、エレベーターに乗降する際はドアが閉まらないようにドアを押さえるか開ボタンを押して女性をエスコートしましょう。

次に、食事をしている際もエスコートは続いているので、気を抜くと女性を幻滅させるということになるため注意が必要です。

女性を奥の席に案内する、食事中ならば女性のグラスに気を配り、グラスが空きそうになるタイミングで声をかけるなどがあります。

お会計は女性に気を使わせることになるので、女性が化粧直しなどで席を外したときに済ませるのが理想となります。

女性と過ごす楽しい時間はすぐに過ぎていきますが、帰宅する時間を確認していないと終電を逃すことになるため時間には気を配りましょう。

時間を引き伸ばすと女性は警戒心を強める他に、エスコートをして良くなった印象を悪くするということにもなるので注意が必要です。

避けるべき印象を悪くするエスコート

女性の荷物を持つというのは良い印象を与えるだけではありません。

バックなどの手荷物はファッションの一部であるため自分で持つという女性が多くいるので、断られた場合はすぐに引き下がりましょう。

上記で食事のエスコートについて紹介しましたが、席に座る際などに「椅子を引く」という行動はエスコートとしては少し度が過ぎるので注意が必要です。

また、エスコートをすることはとても大切なですが、女性へ気を配るあまり独りよがりになり、相手を楽しませるという目的を忘れるといったことも少なくありません。

なので、少し時間に余裕があるデートプランを立てましょう。

まとめ

女性とのデートでエスコートは欠かせないものとなっており、エスコートがしっかり出来ないと女性の心を掴むことは困難です。

しかし、エスコートにも色々あり、好感度を上げるだけではなく下げる可能性もあるので、臨機応変に対応することが重要となります。