悩み

仕事で悩みを抱えている20代から30代の男性の特徴と原因 

社会人になると将来を見据えて色々なことについての悩みが増えますが、仕事もその中の1つといえるのではないでしょうか。

生活をする上で仕事は必要ですが、ストレスや悩みから仕事を辞めたいと思っている人が多く存在しています。

今回は、仕事で悩んでいる20代~30代男性の特徴および原因の紹介と合わせて、悩みの改善策についても触れていくので、興味のある方は目を通してみるといいでしょう。

仕事で悩みストレスを溜める男性の特徴と原因

仕事をしていると1日のほとんどを職場で過ごすことになるため、上司や同僚などの人と接する機会が多くなりストレスが蓄積されていきます。

男性が悩みやすい内容は「人間関係」・「仕事の内容や評価」・「労働時間と給与」といったものが主な原因となっており、その中でも人間関係は一番の悩みとなっています。

人間関係が原因でストレスを溜める


仕事をするということは上司や同僚、部下などの職場の人間と常に関わることとなり、コミュニケーション能力が低いと雰囲気に馴染むことが出来ないため、その場にいることが苦痛になりストレスを溜める結果に繋がります。

また、自分の意見をしっかり主張できないと周りに流されてペースを乱されることもあるので、自分の意思を伝えることが重要です。

20代男性は社会人になって日が浅く経験も少ないため、仕事が空回りすることも多いので失敗に繋がります。

失敗をした際の対処法がわからないので、良い人間関係を築く前に悪い印象を与えるため、その後が上手くいかず1度の失敗で仕事を辞める人が多いです。

30代になると社会経験が増えているため、良くも悪くも目立つこと無く過ごすことが出来ます。

どの年代でも悪口や陰口を叩いている人がおり、同じように陰口を言うことを強要するため、断ると次のターゲットになる可能性もあります。

これは男性よりも女性の方が多いですが、一度でも加わってしまうと抜け出すことが難しいので出来る限り関わらないようにしましょう。

仕事の内容に納得できずに悩む


1日の大半は仕事に費やしていますが、仕事が嫌いだとその時間は苦痛に感じて、無駄な時間を過ごしているのではないかと疑問を抱きます。

様々な仕事がありますが、ほとんどの仕事は同じことを繰り返す単純作業となっており、この単純作業に耐えることが出来ずに仕事を辞めてしまいます。

仕事に納得していない理由の多くは、自分が何をしているのか理解できていないというところにあります。

これは工場などに勤めて、単純作業を毎日している人に多く見られますが、営業やデスクワークをしている方も同じように感じています。

また、夢を持って目標としていた会社に入社をしても、自分がやりたい仕事とは異なる別の仕事ばかり与えられることもあります。

そのようなことが続くと仕事に魅力を感じることが出来なくなり、内容に不満が溜まり辞めたいという気持ちに繋がります。

労働時間と給与に不満が出る


仕事をしている人なら誰もが考えたことがある、労働時間や給料に対する不満と不安ですが、20代~30代男性の50%以上が給与に不満を持っています。

不満を持っている50%の男性は、現在の給料が約6万円アップすることで満足すると答えており、仕事内容や労働時間に給料が見合っていないと感じていることが分かります。

給料に対して一番多く不満があるのは、残業をしているのに残業代が出ないという点です。

時間帯によって1時間あたりの残業代が法律により定められていますが、残業代未払いが横行しているのが現状となっており、法定労働時間を過ぎているのに見合った給料が貰えないことが多くあるため不満を抱える人が増えています。

その他にも、同年代の友人や仲の良い知人との会話で仕事の話題について議論をしている際に、友人が自分よりも高い給料をもらっていることが分かり、不満へと変わることもあります。

現在の仕事の悩みを解決する改善案


仕事の悩みを完全に解決することは不可能ですが、悩みを和らげる方法はあるのでいくつか紹介していきます。

まず簡単な方法としてはストレスを発散することが出来る趣味を見つけることです。

仕事の悩みはストレスが溜まると大きくなっていくので、息抜き出来る趣味を作ることでストレスを発散できるため、悩みを和らげることが可能です。

次に、有給を取得することが難しい人には困難ですが数日仕事を休むという方法もあり、休暇を取って仕事から離れると気分転換になるため、心と体を十分に休めることが出来るので効果的な方法となっています。

最後に、思い切って転職するという方法で、現在の仕事がどうしても合わない場合は辞めるというのも1つの手段となっており、

会社によっては採用をする際に年齢制限があるケースも少なくはないので、転職をするという選択も改善策となっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は仕事に悩む20代~30代男性の特徴や原因と改善策について紹介していきました。

一番多い仕事の悩みは人間関係となっていましたが、コミュニケーション能力を身に付けることで多少は解決できます。

また、上手にストレスを発散することで悩みを和らげることが出来るので、自分に合った息抜きの方法を見つけるといいでしょう。