モテ男への道

女性にモテるために必ず押さえておきたいポイント 気配り編

女性男性関係なく気配りができる人っていうのはとても魅力的ではありませんか?

気配りができる人、できない人だとどちらのほうがいいか?言うまでもありませんよね。

また恋愛対象で考えても、気配りができない男性はそれだけで恋愛対象外になるので気をつけていきたいものです。

では気配りができる人っていうのはどういう人のことを指すのでしょうか?

結論から言うとその相手が求めていることを察てあげることができ、行動できる人のことを言います。

気配りについて押さえておきたい3つのポイント

★状況判断がしっかりでき行動力がある
★相手によって態度を変えない
★小さな気配りが淡々とできる

スポンサーリンク



状況判断がしっかりでき行動力がある

気配りができる人というのは視野を広く持っており、状況判断も早く行動できます。

仕事、人間関係などすべての事で今自分がすべきことを判断し、言われる前に行動しています。

ただ単に行動するのではなく、考え判断し行動しているので、周りに迷惑をかけることもありません。

女性の様子を見て言われる前に自分で考え行動することができれば、「この人は私のことを理解し行動してくれている」と好感を持たれること間違いなしです♪

相手によって態度を変えない

相手によってあからさまに態度が変わる人っていますよね・・・

見ていてどうでしょうか?いい気分にはなりませんよね。

「裏表のある人なんだ」「なんか感じが悪い」と思われても仕方ありません。

特にしがちなのが、好意のある女性には優しくそうではない女性には優しくないというかむしろ不親切。

特に親切にするタイミングは2人の時だけで十分です。

それがまた女性にとっては「特別」ということになります。

もちろん女性に対してだけ言えることでゃありません。

どんな人であろうと態度は変えず平等に!が基本です!
スポンサーリンク



小さな気配りが淡々とできる

気配りしなければいけないと気を張り大きなことをしようとする必要はありません。

え?そんなところまで気が付くの?ぐらい小さなことを淡々とこなすことをお勧めします。

その小さなことが淡々と積み重なってきて、「この人は本当に気配りができる人だな」と思われます。

事例

女性と歩いているのであればあなたは自然な形で車道側を歩きましょう。

女性と歩いているときはちゃんと相手のペースに合わせてあげましょう。

何事もレディーファーストです。

親切を押し付けてはいけません。良かれと思ってしていることでもその女性にとっては不快に思うこともあります。
相手を見極め、どうすればよいかというということをしっかり考えれる気配り上手を目指しましょう

まとめ

気配りしなければいけないと気を張りすぎていてはそれが相手に伝わってしまいます。

自分にできることからコツコツと積み重ねていきましょう。決して無理をしてはいけません。

無理をして相手に迷惑をかけてしまうことが一番よくないことです。

そして一番有用なのが・・・

見返りを求めてはいけません。それをしていることが当たり前という感覚でいることが大事です。

最後になりますが、急に気配りをしようと思ってもできるものではありませんので、常日頃から心がけていく必要があります。
スポンサーリンク