悩み

気になるワキガの原因と臭いを抑える対処法

ワキガを発症している人は男女であまり差はありませんが、男性は発汗することが多く女性よりもケアに疎いため症状を悪化させてしまいます。

原因を知ってケアをしっかりとすることによって、事前に対策することができ、臭いを抑えることが可能となります。

臭いを発生させるワキガの原因

ワキガの原因となっている男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが、アポクリン汗腺や皮脂の分泌を活発化させることによって、体臭を強くします。

男性特有の臭いがあるアンドロステノンは、テストステロンという男性ホルモンが分解されるときに生成され、アポクリン汗腺から分泌される汗に多く含まれています。

アンドロステノンは女性が不快に感じる男性の体臭ですが、男性が発している臭いなので、自身で気づくことが難しくなっているため注意が必要です。

その他にも、生活習慣の乱れやストレスの蓄積などがワキガの原因となることもあります。

栄養バランスが偏る食生活の乱れや、過度な飲酒や喫煙などでも発症することがあるため、常日頃から気を配ることが重要となっています。

すぐに出来るワキガの対策方法

ワキガの対策は脇を洗い清潔にすることですが、臭いが気になるからといって何度も強く洗うことは逆効果となります。

必要以上に洗うことで健康な皮膚を維持するための「常在菌」という悪い菌の繁殖を防ぎ、臭いを抑える良い細菌まで落としてしまうので、脇を洗う際は優しく洗うことを推奨します。

脇毛を処理することも、ワキガの臭いを抑える方法の1つとされています。

腕と胴体の皮膚が重なっているので蒸れやすくなっており、脇毛があると細菌が付着し繁殖するため、アポクリン汗腺から分泌された汗と混ざり強い臭いになります。

脇毛を抜くとアポクリン汗腺を強く刺激することになるため、自身で処理を行う場合はカミソリで剃るようにしましょう。

その他にも、ホットタオルで毛穴を開き、詰まった汚れを落とす方法や、クレンジングオイルを使用して脇全体を洗うことで、消臭効果を高めることが可能となっています。

どうしても臭いが気になるという方は、ワキガ専用のアイテムを使用するか、専門の方に相談することを推奨します。

日頃のケアを怠らないことがわきの臭いを抑える第一歩

臭いを少しでも抑えるためには、アポクリン汗腺の活動を低下させることや菌の繁殖を抑えることが重要となります。

男性ホルモンが活性化することによって臭いが発生するので、完全に臭いを消すことは出来ないため、ケアをしっかりとして清潔に保つことがワキガに有効な対策となっています。