悩み

男性が悩む体力が衰えたと感じる瞬間と時期

大人になり年齢を重ねていくと、仕事に時間が取られてカラダを動かすという機会が減るため、少しずつ身体がなまっていきます。

今回は男性の体力が衰える時期や原因、衰えを感じた瞬間などについて紹介していきますので、心当たりがあるという人や不安になっている男性は目を通してみてください。

男性の体力が衰える時期

男性と女性では身体の発育が異なるため、成長や衰える時期が違います。

一般的に男性の方が成長や衰える時期が遅くなっており、男性は「8の倍数」・女性は「7の倍数」で変化が起こるとされています。

男性は身体がもっとも充実している年齢が32歳といわれており、この年齢が男性の人生で最高の状態となっています。

しかし、ピークの32歳を過ぎると同時に少しずつ男性の身体に変化が起こり、40歳では抜け毛や歯、筋肉などの衰えが目立ち始めます。

30代~40代という年齢は男性がもっとも衰えを感じる年齢となっており、外見にも衰えの影響が色濃く出ます。

40代は活動力も低下するため、日頃から運動やカラダを動かすことを意識していない人は、体力の低下を感じる瞬間となります。

ここからは身体能力や体力など様々な機能が低下していくので、少しでも緩和するためには無理のない範囲で日々運動することを推奨します。

年齢以外の体力が衰える原因と改善法

体力が衰える原因は年齢の他にも色々あり、主な原因は運動を怠ることによる身体能力の低下や自律神経の衰えとなっています。

身体能力が低下することで「体温」・「呼吸」・「睡眠」など、人が活動するのに必要な機能を調整している自律神経が低下することで正常な働きが出来なくなり、その結果が体力の衰えに繋がります。

自律神経の低下は、心筋梗塞など様々な以上を引き起こす原因となるので注意が必要です。

体力の衰えや自律神経の低下を和らげる方法は適度な運動とされていますが、30代や40代の方が急に運動を始めると、カラダに大きな負担が掛かり逆効果となることがあります。

なので、まずは室内で出来る簡単なストレッチや、自宅の周りを軽く散歩することから始めるといいでしょう。

継続的に行うことで体力の衰えを解消することができ、また健康を保つことにも繋がります。



まとめ

年齢による体力の衰えを防ぐことは出来ませんが、日々の運動で身体能力の低下を最小限に留めることが可能となっています。

20代男性は日頃から運動をする習慣を身につけることが理想となっており、30代~40代の方は無理のない範囲で運動を始めて、少しずつ運動量を増やしていきましょう。