海外FXの基礎情報

トレードルールはしっかり守ろう!

海外FX業者には、具体的な禁止取引の記載されたガイドラインがあるので確認しましょう!

トレードルールに反した行為をしてしまった場合の業者の対応や特に気をつけなければいけないルールを説明します。

・トレードルールの必要性
・海外FXで禁止されているトレード手法
・ 両建て取引
・ 重要経済指標発表時のみを狙った取引
・ トレードルールに違反した場合のペナルティー
・おすすめの海外FX業者

トレードルールの必要性

海外の口座開設をした時点で取引ガイドラインに同意することになります。

この取引ガイドラインにはかなり具体的に禁止する取引について、記載されています。

口座を開設した時点で、その業者の取引ガイドラインに同意したことになり、そのルールの範囲内で取引を行わなければいけないこととなります。

違反してしまった場合・・・口座の凍結違反取引の取り消し出金拒否ということになりかねません。

過去に各社のガイドラインに違反し、不当に巨額な利益を獲得した方が現にいましたので具体的なトレードルールを定めて、不正な取引を防止しているという形になります。

海外FXで禁止されているトレード手法

海外FX業者により多少異なる部分がありますが、下記の取引に関しては共通です!

両建て取引

複数口座で両建て取引

海外FX業者では多くの場合複数口座を開設することができます。

私のお勧めするXMでも1人で8口座開設することができます。

そこで注意したいのが2つ以上の口座を保有している場合、為替レートが激しく変動する雇用統計やFOMCなどの指標の前に一つの口座では買いポジション、もう一つの口座では売りポジションを保有するということです。

指標の結果大きく為替が変動した場合1つの口座では爆益!もう一つの口座はゼロカットとなった場合・・・業者の負担が大きくなるだけですよね?

得をするのはゼロカットシステムを利用した上に爆益を上げたトレーダーのみです。

これは海外FXの盲点をついた取引として、禁止されていますので絶対にしないよう注意してください!

また、A海外FX業者、B海外F業者で上記と同じやり方で取引した場合も罰則の対象になりますので注意しましょう!

業者が違えばバレないだろう

業者違うため両建てしてもバレないだろうと考えられる方もいると思います。

どのような仕組みになっているのかは公表されていませんが、両建てゼロカットシステムを利用した取引では必ず業者の負担が大きいため業者同士で何らかの情報共有をしていると考えられます。

重要経済指標発表時のみを狙った取引

1年通してみるとどの経済指標の際に大きく為替が動くのかがわかるようになってくると思います。

そこで重要経済指標発表時のみに絞り上か下かどちらか一方にハイレバレッジでエントリーし反対の場合はゼロカット、うまくいけば爆益!

このように明らかにそこのみに絞ったトレードも禁じられていますので注意しましょう!

トレードルールに違反した場合のペナルティー

取引ルールに違反した場合には、海外FX業者のガイドラインに基づく以下のような処分が行われる可能性がありますので注意しましょう

レバレッジ規制
取引の取り消し
口座の凍結
出金の停止

ハイレバレッジが魅力でもある海外FXにおいてレバレッジ規制は結構痛手となりますが結構おられるのが現状です。

複数口座や、2つ以上の業者を利用しての取引の場合悪気泣く両建てになってしまっていた・・・

結構多く感じられます。

問い合わせもしたのですが、両建てを使用する自動売買を利用した場合は他の口座で自動売買で使用している通貨での取引をしてしまうと他口座で両建てをしているとみなされますのでペナルティーの対象になりますとの回答がありました。

MT4で自動売買を利用する場合は特に注意が必要になってきますので、回す自動売買が両建ての物なのかどうかもしっかり見ておく必要があります。

私的には自動売買で使用する通貨での取引は他ではしないことをおすすめします。

初心者の方におすすめの海外口座の紹介

XM(XMTrading)

日本人口座保有数No.1で全世界口座開設者数100万口座を突破

最大レバレッジ888倍

口座開設で3,000円の口座開設ボーナス

50万円相当までの入金ボーナス制度

独自のロイヤリティプログラム

日本で一番選ばれているのがXM

複数国の金融ライセンスを保有していることから、信頼も高い業者

口座開設はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です