思考

選定の仕方

本を読む習慣はありますか?

将来お金を稼いでいこうと考えているのであれば、何でもかんでも読みまくるだけでは意味がありません。

ジャンル選定!つまり金融関係のものを読むことが大事です。

投資を始める前に準備として最低限の知識を身に付けてからです。

基本中の基本となります。

金融関係の本を読むことにより選択肢が増えます。

専門用語やトレード手法を学びそれを実践し生かしていかなければいけません。

ただただ読めばいいかというわけ\でもありません。

筆者がどのように考え書いたのか?

自分なりに解釈し答えを出すことを繰り返し行う。

それが自分自身の成長へとつながって言います。

もちろん知識としても蓄積されていきます。

現在は読書以外にも動画で学ぶという方法が主流です。

声を聞くことで話し手の感情も入ってきてここが大事なんですよ!という部分を逃すことなく記憶に残すことが出来ます。

ただ動画が長ければ長いほど蓄積されるものが少なくなっていきます。

人間の処理能力には限界があります。

それだけでなく読者が大事だと思っている部分だけでなく他にも自分には大事だなと感じる部分がありますが、

それを逃してしまう可能性もなくはないです。

書籍や、ブログなどの文字という感情のない文字から自分が大事な部分を見つけ出すのか、

動画で話し手が大事な部分を強調して話してくれているところ、どちらが自分自身にとってプラスとなるのか考えてみてください。

考え方1つでも変わってくるかとは思います。

動画を何度も見ればいいじゃないか?もちろんそうです!

とても単純なことなのですが自分なりに考え答えを出すことが非常に大事です。

金融関係の本を読んでいると思考はほんと人それぞれだと感じさせてくれます。

思考の一致や共感というのはある程度で十分だと言事にも気づかされました。

数名が同じ本を読んでいても導く出す答えというが一致することはありません。

それぞれの人生を歩んできた過程、環境、性格などによって大きく変わってくるからです。

本屋動画などで金融の情報を得て次にしなければいけないことが自分なりに考えるということです。

そしてそれを行動へとつなげていきましょう。

行を起こすことでそこが始まりです。

行動をどれだけ早く起こすことが出来るかが大切だとも考えられます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です